まず、大前提として
成績が良い子である前に、人間力が豊かな子を育てたいと考えています。

そのベースとなる思いやりや責任感、自律心、協調性、忍耐力、リーダーシップ性、社会規範などは、教科書の知識として得るものではなく、人間関係の役割の中で体験的に得ていくものと思っています。

毎日の生活を通して、エデュクールという家族、仲間、先輩・後輩関係の中で伝えていきます。

エデュクールに一時預かりコースがないのは、この貴重な学びの環境を大切にしたいからです。

2年生は1年間、1年生を連れ帰る
役割を担っています。


お手伝いも"感謝"を
学ぶ機会です。

しっかりとした挨拶を
心掛けています。

日々の学習姿勢は、
とりあえず終わればいいではなく、自分で計画を立てる、しっかりとやり切ることを大切にしています。

まず学校から帰ってくると、宿題からスタートします。
宿題も最後まで丁寧にがんばろうと指導しています。
最後は大人がチェックし、苦手箇所の指導や丁寧でない文字は(宿題に限らず)書き直しをさせます。


宿題以外にも、科目学習用のプリンを日課として取り組んでいます。個人ファイル(通称:ママプリ)を進捗や弱点分野に応じて準備しています。学期単位で修了しなければいけない最低限の範囲を設定していますが、後は自分たちで計画を立てて進めています。長期単位で目標範囲を決めているのも、計画力をつけるためです。

夏休みの自由研究は、まさに日頃の学習成果の試金石となります。
自分で研究テーマを考え、アプローチ方法を計画し、資料や実験、取材情報を整理、分析して、構成を練って一つの作品に仕上げていくというかなり高度なことにチャレンジします。

各種検定試験にも積極的にチャレンジしています。

一つの学習成果の確認として検定試験にもチャレンジしています。
エデュクールでは、子どもたちがチャレンジしやすいように、「漢字検定」、「算数・数学検定」、「英語検定」の準会場登録をしており、各教室で受験できます。
強制はしていませんが、仲間が挑戦するから自ずと自分もがんばれる相乗効果がでています。

その他にも、5年生以上には18:30より20:00まで自習室開放し、夜勉タイムを実施(岡本教室)したり、私立中学進学指導をサポート(鴨子教室)する教室など子どもたちの学び欲に柔軟に対応しています。
詳しくは、各教室にお尋ねください。

楽習プログラムは、エデュクールが開所した時からの学びの考え方です。
知識の蓄積を主目的する学習スタイルではなく、社会において必要と思う能力を実務を通じて習得するトレーニングです。
※プログラムの内容、実施有無は各教室や年度により異なります。

新1年生に向けたエデュクール紹介新聞の制作を題材に、企画からプロジェクト管理までを学びます。
子どもの作る新聞とはいえ、制作フローは社会人仕様です。
企画プレゼン、構成、作業分配、校了管理まで本格的に実施します。

協力農家さんとの社会連携プロジェクトです。
自然のフィールで、五感をフルに使った活動を通して豊かな想像力を養いたいとスタートしました。
ルールも遊具も無い森の中で、子どもたちは驚きの遊びを生み出します。
都会ではできない貴重な体験を毎月一回のペースで行っています。

"がんばり抜く"大変さ、楽しさ、喜びをスポーツを通してがんばっています。
真面目に体力トレーニングを積んで、、真面目に大会に出場します。
6年を経て大会入賞した時は、感動的でした。