毎日ある放課後。1日4、5時間でも1年、2年、3年・・と積み重なると膨大な時間になります。 この時間を能動的に目的もって活用すれば、さらに豊かで大切な時間にできると考えました。
edu-chool(エデュクール)とは、education(教育)とschool(スクール)を合わせた造語です。ここが、単に時間を消費する場ではなく、しっかりとした『学び』の場でありたいという思いから名付けました。

 私たちの言う「学び」は、単に算数や国語といった科目学習を指すわけではありません。もちろん重要なエッセンスの一つであり、エデュクールでも科目学習や各種検定試験などに積極的に取り組んでいます。
しかし、もっと大切に思っているものがあります。それは、もう少し先の"社会人としての能力"です。
探求心、自律心、忍耐力、コミュニケーション能力もあれば、他者への気遣いや社会規範、マナーもあります。どれも数値化しにくく、参考書と筆記具では学べないものばかりです。日々の暮らしの中で、目的的な実体験を通して身に着けていくものだと考えています。

  エデュクールの根幹となる方針を紹介します。

●「決めたことをやりきる」、目標を超える成功体験を繰り返し経験させること。
 目標を目指してやりきるという姿勢について、とことん追求します。決めたことについては、最後まで全力
 で取り組む、できなければ何度でもやり直すというのがエデュクールでの基本スタイルです。
 努力無くして本当の喜び(達成感、成功体験)は得られないので、様々ながんばりに挑戦しています。

●子ども達による計画、子ども達だけの活動機会を大切にすること。
 失敗経験豊富な大人の過干渉は、子供の自由な発想や判断、自立の芽を摘んでしまいます。結果の先周り
 をするのではなく、大人は可能な限り見守りに徹することを大切にしています。

●ここは、もう一つは家庭であり、家族であること。  
 「いつでも自分を受け入れ、戻ることができる場所」という信頼関係が子供たちの心の安定や健全な成長
 に欠かせません。子ども達が、小学校を卒業してからも戻れる『我が家』でありたいと願っています。
 そして、子ども達にも家族の一員としての、役割と責任があります。年長者は、下を守り、導いていくという
 リーダーとしての役割をここでは担っていきます。

エデュクールは働く保護者様のサポートとして柔軟な保育対応を心がけていますが、就業有無に関わらず、趣旨にご賛同いただける皆様に門戸を開放しております。
エデュクールは日々の生活を通した学びの場としてご理解ください。